• 印刷する

《日系進出》ワイン販売エノテカ、バンコクに現法

ワイン輸入販売のエノテカ(東京都港区)は9日、タイの首都バンコクに現地法人「エノテカ(タイランド)」を設立した。エノテカの100%出資で、卸売を中心としたワイン事業を展開する。中長期的に年間売り上げ10億円を目指している。

店頭価格2,500円程度以上のプレミアムワインを中心とした輸入販売を手掛ける。バンコクと南部プーケットのホテルやレストランが主なターゲットだ。

酒類の市場調査を行う英インターナショナル・ワイン・スピリッツ・リサーチ(IWSR)によると、タイのワインの小売市場は、2018年に4億2,000万米ドル(約430億円)余りに達し、シンガポールや台湾とほぼ同等規模。プレミアムワインが市場の大半を占める。富裕層や外国人観光客の増加に伴い、今後も年率3~4%の安定成長が見込まれている。

エノテカによると、タイで圧倒的な人気を誇るのはオーストラリア産。輸入関税が安いことに加え、ブドウ品種・シラーで造ったしっかりした濃さが、スパイシーな料理によく合うことが理由だ。ほかにニュージーランドや仏ボルドー産も人気という。

エノテカの海外拠点は、タイが6カ国・地域目。08年に香港に進出して以降、これまでにシンガポール、中国、韓国、台湾で事業を展開している。昨年はエノテカの全体売上の20%を海外事業が占めた。広報担当者は、NNAに対し、「アジアのワイン市場の可能性は大きく、最大市場である中国を基盤に、継続して新たな進出に向けた調査・検討を行っている」と説明した。

エノテカは1988年設立。アサヒビール傘下で、日本のほか中国や台湾ではワインの小売店も展開している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

きょうから夜間の外出禁止 午後10時~午前4時、全国で実施(04/03)

北部の山火事で大気汚染深刻 コロナも拡大、健康の懸念広がる(04/03)

104人感染・3人死亡、89人が回復(2日)(04/03)

日本人学校、5月からオンラインで授業開始(04/03)

新型コロナ感染減らず、在宅勤務協力が必要(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

一部の国境を開放、タイ人帰国者受け入れへ(04/03)

小売各社が感染予防策、ファミマは入店制限(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン