• 印刷する

バドワイザー、年初に中国で約300億円減収か

香港上場のビール生産・販売会社バドワイザー・ブリューイング・カンパニー・APAC(百威亜太控股)は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1~2月の中国の売上高が前年同期と比べ約2億8,500万米ドル(約315億円)減少するとの見通しを明らかにした。

同社は、中国では今年1月最初の3週間は業績が好調に推移していたものの、その後は新型コロナウイルスの感染拡大による事業への影響が続いていると説明。バーやクラブはほとんど営業しておらず、飲食店の営業も制限を受けていると指摘した。

今後数カ月については、感染拡大の封じ込めや顧客が通常の営業をいつ再開するかに左右されるため、「全面的な影響を推し量るのは難しい」と説明した。

同社が27日発表した2019年12月期本決算は、純利益が前年比6.3%減の8億9,800万米ドルだった。売上高は1.8%増の65億4,600万米ドル。販売量は3%減った。韓国での競争激化に加え中国のバーやクラブで19年下半期(7~12月)の販売が軟調だったことが響いた。一方で、インドと東南アジアの販売量が強く伸び、減少を一定程度抑えた。

同社はビール世界最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ、ベルギー)のアジア太平洋部門。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

観光局、販促に11.4億HKドル 大湾区一体型PR打ち出す(03/05)

香港を経済自由度評価対象から除外、米財団(03/05)

ぜいたく品市場、コロナ収束後も回復困難(03/05)

新たに9人感染、域内で6人=1万1055人(03/05)

急反落、米金利再上昇を警戒=香港株式(03/05)

債券通南向き、人民銀と準備中=金管局総裁(03/05)

MPF運用利回り、2月は0.47%(03/05)

中銀香港、環境配慮型融資の手数料を減免(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン