• 印刷する

ルノー、トライバーの輸入開始は3月中旬

フランス自動車大手ルノーのインドネシア正規代理店、マキシンド・ルノー・インドネシア(MRI)は、新型の小型多目的車(MPV)「トライバー」の輸入を3月中旬に開始する。MRIは昨年12月から今年4月までの間に納車すると公表していた。27日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。

MRIのデフィ最高執行責任者(COO)は、4月中に国内の全ディーラーへトライバーを出荷すると説明した。昨年7月に開催された自動車展示会「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」では、トライバーの成約台数は1,033台だった。MRIがルノーブランドの販売を開始した昨年5月から同12月までの小売り販売台数は250台。

トライバーの販売価格(登録料込み)は、1億3,300万ルピア(約105万円)から。インドから完成車(CBU)を輸入販売する。

MRIは昨年7月に開催された自動車展示会GIIASでトライバーを披露した(NNA撮影)

MRIは昨年7月に開催された自動車展示会GIIASでトライバーを披露した(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

車メーカーの人工呼吸器生産、開始まで時間(17:50)

テイクオフ:タクシー運転手が隣の州…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

コロナ対策の支出2.7兆円、財政赤字5%に(04/01)

外国人の入国・トランジットを当面禁止(04/01)

ガルーダ、バリ―成田直行便も4月減便(04/01)

地方政府の特別割り当て予算、実行中止要請(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン