人件費削減、キャピタランドとSMRTも

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドと公共交通運営大手SMRTは、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、役員報酬や管理職の賃金の削減や昇給凍結といった措置をとる。大株主である政府系投資会社テマセク・ホールディングスに追随した格好となる。 …

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務や休校措置、外…(04/06)

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/06)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(04/06)

新型コロナの政府情報配信、ツイッターでも(04/06)

外国人寮の対策強化、感染者急増で(04/06)

最多120人感染、計1309人(5日)(04/06)

1日最多75人感染、計1189人(4日)(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン