• 印刷する

テイクオフ:シドニーのライド市が、…

シドニーのライド市が、アジア系の店が集まる地区の店主を対象に、緊急支援基金を創設する計画だ。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染を恐れて、住民がその地域での消費を避けており、レストランなど各種店舗の売り上げが落ちているからだという。

最大2,000豪ドル(約14万4,000円)、合計50万豪ドルが割り当てられる同基金は、住民に対しイーストウッドに来て消費するよう勧めるキャンペーンの費用も出すという。確かに、イーストウッドにはアジア系店舗が集まっており、実際に訪れると人が目に見えて少なかった。

ただ、自治体内のほかの店も、同じ理由で売り上げが落ちているはずだ。どうしてイーストウッドだけが優遇されるのか分からない。一応、一定期間にパブリックコメントを募集するそうだが、他の地域の店も支援を求めるに違いない。(欣達)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:娘あてに裁判所から手紙…(08/12)

豪7月の企業景況感が改善 企業信頼感は下落続くか(08/12)

豪小売り2社、豪NZ政府の補助金で黒字(08/12)

コロナ規制、クリスマス以降も続く=豪首相(08/12)

NSW州、ACT市民の経由を禁止(08/12)

物流不動産LOGOS、越に4億ドル投資(08/12)

VIC封鎖は「一夜漬け規制」、財界不満(08/12)

VIC車ディーラー、都市封鎖で壊滅的打撃(08/12)

保険会社が約款違反?VIC都市封鎖で(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン