飲食・宿泊業の資金繰り悪化懸念、新型肺炎

中国国務院(中央政府)は26日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の影響が特に大きい宿泊や飲食業の状況を説明する会見を開いた。生活サービス関連企業4,000社以上に調査したところ、政府が実施する中小企業支援策の恩恵を受けたとする回答は全体の22%にとどまってい…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの無症状感染、4日間で249人増(17:54)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

富士康、5Gアイフォーンの秋投入に準備(04/06)

POSの振樺電子、レノボと香港に合弁会社(04/06)

マスク習慣ない欧米で激増、日韓は緩やか(04/06)

深セン、香港からの貨物運転手に健康証明要求(04/06)

SKハイニックス、中国のDRAM生産強化(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン