• 印刷する

テイクオフ:前代未聞の政変も、陽気…

前代未聞の政変も、陽気なマレーシアの人々の手にかかれば、すかさずお祭り騒ぎになってしまうようだ。

政界を揺るがす与野党を超えた新連合結成の動きと、マハティール首相の電撃辞任を受け、アブドゥラ国王は連邦議会下院(定数222)の全議員と面談した。国王の個人面談ともなれば、どれほど厳粛なムードで行われるかと思いきや、最大与党の議員団はオープンエアの2階建てバスでド派手に登場。絶好のプロモーション機会とばかりに、王宮前で張り込む報道陣や政党支持者に無料ドリンクや携帯充電器を配る企業も現れた。

陽気なムードにかき消されそうになるが、ここ数日の騒動で、株価や為替も不安定だ。内閣総辞職で新型肺炎対策の司令塔もいなくなった。お祭り騒ぎの後始末に苦しめられるのは、国の未来を信じて一票を投じた庶民なのだ。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

活動制限令の強化、国民の96%が支持(15:05)

活動制限令、さらに2週間の段階的解除必要(13:56)

日本人商工会、新事務局長に田中氏(12:50)

テイクオフ:数学の難問「ABC予想…(04/06)

20年成長率はマイナス2%も けん引役の民間消費も失速、中銀(04/06)

FDI純流入額の減少は成長のリスク=中銀(04/06)

感染者114人に、医療品の在庫十分(04/06)

2月輸出は12%増、3月以降は低迷確実か(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン