テマセクが昇給凍結、新型肺炎問題支援で

シンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスは、全従業員の昇給を4月から1年間にわたって凍結する。浮いた資金を新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している国内外の地域への支援に回す。 昇給を見送るほか、上級管理職の今年のボーナスを一部返上する。上級…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

東部スーパーで感染者、3日間閉店(19:42)

19年の駐在員家賃1%増、5年ぶり前年超え(19:42)

伊勢丹の西部店など、3月末で閉鎖(19:42)

食品供給の正常化、業界団体が政府に要請(20:09)

4~6月期電気料金、平均5%引き下げ(19:42)

病院IHH、隣国遠隔医療ベンチャーに出資(20:09)

テイクオフ:このところニュース報道…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン