新型肺炎の先行きに不安 出張中止、車業界は調達に懸念

インドで新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)への不安感が高まっている。国内の感染者数は24日時点で3人にとどまるが、政府は感染拡大を防ぐため空港での検査を強化。現地の日系企業が国外出張を相次ぎ中止しているほか、自動車業界からは中国からの部品供給が止まる事…

関連国・地域: 中国インド日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(04/07)

8割の日系事業に支障 全土封鎖、資金繰りに厳しさ(04/07)

封鎖解除後の経済活動、まずは製造業が焦点(04/07)

新型コロナ救済策、識者は給付増額など要求(04/07)

3月の失業率は8.74%、前月から悪化(04/07)

JICA、低所得者・零細企業向け融資支援(04/07)

世銀が10億ドルを緊急融資、新型コロナ対策(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン