• 印刷する

越、発展途上国リストから除外=米CVD法

米通商代表部(USTR)は今月、相殺関税(CVD)制度下の「発展途上国」リストからベトナムなどを削除した。これにより、不当な輸出助成金によって米国産業に損害をもたらすと判断した場合、制裁の対象とする。ベトナム外務省のドアン・カック・ベト副報道官は20日、「影響を監視・評価し、双方にとって利益をもたらす貿易関係の促進に向けて対話を継続していく」との声明を出した。

CVD法は、外国政府が同国の企業に供与した補助金等の支援により競争力を高めた産品の輸入が、米国産業に実質的な損害をもたらす場合、その補助金の効果を相殺するために発動できる関税の引き上げ措置で、調査権限が米政府機関に与えられる。

21日付サイゴンタイムズ電子版によると、専門家は、発展途上国リストからの除外により、助成金に対する相殺関税調査が容易になると指摘した。ベトナムのほか、マレーシアとタイ、インドネシア、インド、ブラジルが同リストから外れた。

米国勢調査局によれば、2019年の米国の対越貿易赤字は558億米ドル(約6兆2,200億円)で、前年の395億米ドルから大幅に拡大した。ベトナム政府は、貿易格差の縮小に向けて、米国からの輸入を増やす方法を模索している。

ベト副報道官は、ベトナムは引き続き、世界貿易機関(WTO)における「発展途上国」の優遇措置を受けていると述べている。


関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

新型コロナ、感染者255人に増加(04/10)

HCMメトロ1号線、市民劇場駅の完成間近(04/10)

越の航空業界、今年は厳しく=韓国貿易協会(04/10)

ロンタイン空港、首相が17兆ドン実行指示(04/10)

コーヒーかす繊維でマスク生産、越新興企業(04/10)

ベトナム企業の83%、供給網に問題(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン