• 印刷する

テイクオフ:各国で新型肺炎の感染者…

各国で新型肺炎の感染者数が増える中、フィリピン国内の感染者は25日時点で3人にとどまっている。先に中国の湖北省武漢市から帰国した49人は、マニラ首都圏北方の新産業都市「ニュー・クラーク・シティー(NCC)」の施設に14日間隔離されたが、全員が検査で陰性だった。

大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」のフィリピン人乗員も、帰国後はNCCの施設に隔離される予定だ。この影響で、3月にNCCで開催予定だった東南アジア身体障害者スポーツ大会「ASEANパラ・ゲームズ」が延期となった。

隔離施設に転用される前に、取材でNCCを訪れた。メイン会場だった競技場は夕焼けに照らされ、選手たちが高跳びの練習に汗を流していた。片足のフィリピン人選手に声を掛けると、屈託のない笑顔で会場を説明してくれた。彼らのためにも、早期に開催できることを願いたい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(04/03)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(15:20)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

新型コロナ感染者2633人に、死者は107人(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン