• 印刷する

タイエアアジアX、3月に韓国便を運休

タイの格安航空会社(LCC)で長距離路線を運航するタイ・エアアジアXは20日、韓国路線を3月6~27日に運休すると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大が理由。

運休期間中の便を予約した利用者には、電子メール、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で運休を通知する。この期間中の予約については、延期、支払った運賃のポイントとの交換、返金のいずれかの手続きをオンラインで無料で受け付ける。代理店経由で予約した場合は、代理店に手続きを申し込む必要がある。同社は、韓国線では、バンコク─仁川線を運航している。

タイ・エアアジアXは22日、日本の東京、大阪、札幌、福岡、名古屋とバンコクを結ぶ路線についても、予約の延期、支払った運賃のポイントとの交換を無料で受け付けると発表した。2月20日以前に予約し、3月31日にまでに搭乗する便が対象。


関連国・地域: 韓国タイ日本
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:就労ビザ更新のため、入…(04/02)

社会的弱者に広がる生活不安 新型コロナ、国は給付金拡大急ぐ(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

夜間の活動制限相次ぐ、ノンタブリ県など(04/02)

120人感染・2人死亡、74人が回復(1日)(04/02)

労働許可証での入国、帯同家族は認められず(04/02)

コロナ検査場、全国に97カ所を設置(04/02)

いすゞ、4月13~30日まで生産停止(04/02)

フォードの生産停止、長期化する可能性も(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン