自動車ショーの出展数が倍増 現地生産モデルが台頭、中国車も

2019年の新車市場が2万台を超えたミャンマーの最大都市ヤンゴンで21~23日、2回目となる国際自動車ショーが行われた。出展数は、初回の6ブランドから2倍以上の15ブランドに拡大。政府の規制で中古車の輸入が激減したミャンマーでは、新車の存在感が年々高まり、現地生産も増え…

関連国・地域: 中国韓国ミャンマー日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロイター記者事件で証言の元警官、出馬表明(11:31)

ミャンマー経済の回復楽観 専門機関、感染抑制と中国復興で(08/12)

中国とのラカイン深海港開発、合弁会社設立(08/12)

国内観光、解禁もコロナ規制足かせで不振(08/12)

新たな感染確認なし、累計360人=11日朝(08/12)

高額納税企業を表彰、キリン合弁など(08/12)

カチン州、組織培養バナナ栽培への投資認可(08/12)

ラカインの紛争地、有権者名簿の掲示できず(08/12)

学生団体、総選挙の投票ボイコット呼び掛け(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン