MRT7号線駅、サンミゲルが新案提出へ

フィリピン運輸省は20日、マニラ首都圏の都市高速鉄道(MRT)7号線について、財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)がケソン市に設置する駅の新デザインを28日に提案すると明らかにした。駅の面積などを巡り、ケソン市が建設の一時停止を命じている。21日付地元各紙が伝…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(04/03)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

新型コロナ感染者3018人に、死者は136人(04/03)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン