成長率4%割れ、新型肺炎の影響長期化なら

マレーシアで、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大による中国人観光客減少などの影響が長期化した場合、今年の国内総生産(GDP)成長率が4%以下に落ち込むとの見方が専門家から出始めている。20日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 ブルームバーグが…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 医療・医薬品その他製造観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数学の難問「ABC予想…(04/06)

20年成長率はマイナス2%も けん引役の民間消費も失速、中銀(04/06)

FDI純流入額の減少は成長のリスク=中銀(04/06)

感染者114人に、医療品の在庫十分(04/06)

2月輸出は12%増、3月以降は低迷確実か(04/06)

感染3662人に、回復者は1千人突破(04/06)

新型コロナのピーク、4月半ばか(04/06)

RM1=24.8円、$1=4.36RM(3日)(04/06)

ムーディーズ、銀行の格付け見通し引き下げ(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン