• 印刷する

ACエナジーの太陽光発電買収、競争委承認

フィリピン財閥大手アヤラ・コーポレーションの発電子会社ACエナジー・フィリピンは19日、西ネグロス州の太陽光発電所買収について、13日付でフィリピン競争委員会(PCC)から承認を得たと発表した。PCCは「買収が市場競争を妨げる恐れはない」と判断したという。

ACエナジーは昨年12月、同州サンカルロスの太陽光発電所(出力4万5,000キロワット)を運営するサンカルロス・ソーラー・エナジー(SACASOL)の株式70%を買収すると発表。官民ファンドのフィリピン・インベストメント・アライアンス・フォー・インフラストラクチャー(PINAI)から、27億7,200万ペソ(約61億800万円)で取得することを明らかにした。

PINAIには、オーストラリア系マッコーリー・インフラストラクチャー・ホールディングス・フィリピン、オランダ系ラングール・インベストメンツ・ホールディングス、フィリピン政府系の公務員保険機関(GSIS)が出資している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(04/03)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/03)

新型コロナ感染者3018人に、死者は136人(04/03)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン