《安全》「エーロゾル感染」可能性、一層の警戒必要

【北京共同】中国政府は19日、国内向けの新型肺炎の診療方針を一部改定して公表した。特定の条件下で、空気中を漂う細かい粒子状の「エーロゾル」による感染もあり得ると初めて明記した。エーロゾル感染は気管挿管などの医療行為の際に起こりやすいとされ、院内感染の防止などで一…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの死者ゼロ、感染拡大後初めて(18:18)

テイクオフ:4月4日は、中国で多く…(04/07)

外資つなぎ留めへ政策動員 支援と開放、パンデミックが打撃(04/07)

鴻海が生産ラインの人員削減へ、リスク低減(04/07)

五菱が工場生産を停止、6日から2週間(04/07)

トヨタ新車販売、3月は15.9%減の10.2万台(04/07)

中国国境の往来禁止、貨物のみ通過許可(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン