• 印刷する

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅

シンガポール統計局が20日発表した2019年10~12月期の国内向け卸売り販売額指数(17年=100、速報値)は、名目で前年同期比17.4%低下の100.6で、4四半期連続のマイナスとなった。化学・化学製品や電子部品の落ち込みが響き、11.6%下落だった前期からマイナス幅が拡大。20.3%下落した16年4~6月期以来、3年半ぶりの下落幅を記録した。

19年10~12月期の指数は、物価を除いた実質では前年同期比9.3%下落の95.7。前期比(季節調整済み)では、名目で8.5%、実質で3.3%それぞれ低下している。

前年同期比を項目別(名目)にみると、全12項目のうち8項目でマイナスだった。最も下げ幅が大きかったのは化学・化学製品で35.1%下落。7~9月期の20.8%低下からマイナス幅が拡大した。

電子部品は25.8%低下し、5四半期連続で2桁マイナスを記録。石油・石油製品は前期の10.9%下落から24.4%低下へと悪化した。

海外向けの卸売り販売額指数(17年=100、速報値)は、名目で前年同期比6.2%下落の108.8、実質で1.5%上昇の104.7だった。前期比(季節調整済み)では、名目で4.2%、実質で6.7%それぞれ上昇した。

項目別(名目)では、全12項目のうち10項目で前年同期を下回った。マイナス幅が最も大きかったのは産業・建設機器で12.0%下落。4四半期連続のマイナスとなった。石油・石油製品も10.6%下落、運輸機器も10.2%下落と不調だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務や休校措置、外…(04/06)

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/06)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(04/06)

新型コロナの政府情報配信、ツイッターでも(04/06)

外国人寮の対策強化、感染者急増で(04/06)

最多120人感染、計1309人(5日)(04/06)

1日最多75人感染、計1189人(4日)(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン