• 印刷する

ビンG、「日本並み」のテーマパーク開発

ビンパールが開発するテーマパーク「ビンワンダーズ」のイメージ(同社提供)

ビンパールが開発するテーマパーク「ビンワンダーズ」のイメージ(同社提供)

ベトナムのコングロマリット(複合企業)ベトナム投資グループ(ビングループ)傘下のビンパールは19日、世界の観光客を引きつけるテーマパーク「ビンワンダーズ(Vin Wonders)」を開発する戦略を明らかにした。他社が日本や香港、シンガポールで展開する施設のように、観光資源として活用していく方針だ。

ビンパールは、「ビンパールランド」ブランドでアミューズメントパークを展開している。今後、ビンワンダーズに改名し、規模拡大に向けた既存施設の移転などを実施していく。ビンワンダーズは、1カ所当たりの土地面積を50ヘクタール以上とする。ハノイやホーチミン市のほか、旅行者が集まるリゾート地などに展開していく。

ビンパールは現在、ホテルや娯楽施設など45カ所を運営する。内訳は、宿泊施設35カ所(計1万7,200室)、アミューズメントパーク5カ所などとなっている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

新型コロナ、感染者数が207人に(04/01)

HCM市、1日から全バス路線の運行停止(04/01)

ダナン市、隣国との越境輸送許可を一時停止(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

韓国ポスコ、鉄スクラップの越合弁を清算(04/01)

米航空部品UAC工場、ダナンで正式稼働(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン