• 印刷する

現代自の中国販売台数、1月は4割減

中国全国乗用車市場信息聯席会(CPCA)によると、韓国の完成車最大手・現代自動車の2020年1月の中国での販売台数は6万6,085台と、前年同月比40.1%減少した。19日付ソウル経済新聞が伝えた。

春節(旧正月)に伴う連休の始まりが今年は1月24日と、19年の2月4日より早いため、操業日数が減少したことが影響した。ただ、中国全体の販売台数の減少幅(21.5%減)を大きく上回っており、業績回復の兆しは依然として見えない。

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の影響が反映される2月は、1月以上の大きな落ち込みが予想され、今年の販売台数は19年の実績(約70万台)にも届かないとの見通しが早くも出ている。

現代自は、地場メーカーの北京汽車との合弁・北京現代を通じて中国で自動車を販売している。16年は114万台を販売したが、在韓米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)配備で、中国での対韓感情が悪化した17年以降は前年比減が続いている。


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、28人増の1万4626人(13:52)

SK、中国データセンター社に317億円を投資(18:02)

SKイノ、次世代EV電池をフォードに供給(20:18)

アップルの心電図アプリ、販売許可を取得(16:46)

日韓交流まつり、9月20日にオンライン開催(16:49)

テイクオフ:外食をする際にマスクの…(08/10)

洋上風力発電の普及に本腰 30年までに発電能力を100倍に(08/10)

新型コロナ感染者、36人増の1万4598人(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン