ホンダ四輪開発本体に統合、創業者発案を見直し

【共同】ホンダは18日、子会社の本田技術研究所(埼玉県和光市)が担う四輪車の商品開発機能を4月1日付で本体に統合すると発表した。開発を迅速化して収益力を改善する。研究所はホンダ創業者の本田宗一郎、藤沢武夫の発案で1960年に誕生し、数々の独創的な製品を生んだとされる…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日産とスズキも工場を休止、6日から(04/04)

企業の半数近くが採用抑制 日系求人も減少、業績悪化で(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

テイクオフ:薬局やスーパーの棚でマ…(04/03)

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン