• 印刷する

イースタン、通信網拡大に28億ペソ投資

フィリピンの通信会社イースタン・コミュニケーションズは、サービス地域の拡大に向け、年内に28億ペソ(約60億7,000万円)の設備投資を計画している。設備投資額は昨年の8億5,000万ペソを大きく上回る。18日付ビジネスミラーなどが伝えた。

ダバオ、カガヤンデオロ、イロイロ、バコロド、タルラック、カガヤンバレー、ラウニオンの各都市にサービスを拡大する。セブ、バタンガス、ラグナ、リサール、カビテ、ブラカンの各都市では既存ネットワークの拡大と設備の更新を進める。

同社幹部は「今年は全国展開を図ることが目標だ」と話した。同社の2019年の売上高は、サービス地域の拡大や新商品投入が貢献し、前年比22%増の33億ペソと2桁伸びた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカティ市「小東京」で強盗、日本人被害(04/03)

新型コロナ感染者3018人に、死者は136人(04/03)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(00:24)

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン