• 印刷する

イースタン、通信網拡大に28億ペソ投資

フィリピンの通信会社イースタン・コミュニケーションズは、サービス地域の拡大に向け、年内に28億ペソ(約60億7,000万円)の設備投資を計画している。設備投資額は昨年の8億5,000万ペソを大きく上回る。18日付ビジネスミラーなどが伝えた。

ダバオ、カガヤンデオロ、イロイロ、バコロド、タルラック、カガヤンバレー、ラウニオンの各都市にサービスを拡大する。セブ、バタンガス、ラグナ、リサール、カビテ、ブラカンの各都市では既存ネットワークの拡大と設備の更新を進める。

同社幹部は「今年は全国展開を図ることが目標だ」と話した。同社の2019年の売上高は、サービス地域の拡大や新商品投入が貢献し、前年比22%増の33億ペソと2桁伸びた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、0.25%追加利上げ 2会合連続、インフレ抑制へ(06/24)

次期運輸相に元比航空社長、マルコス氏指名(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

トヨタ現法、35年にCO2排出ゼロ(06/24)

陸・空の運賃値上げ検討、政府当局(06/24)

〔セブ通信〕アボイティス、電動バスの新路線(06/24)

欧SES、比で次世代通信サービス(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン