• 印刷する

破産法が成立、手続き明確化で事業環境改善

ミャンマー連邦議会で14日、新たな破産法が成立した。破産手続きを明確化することで事業環境を改善し、海外からの投資誘致を促進する。ウィン・ミン大統領による承認を経て施行される。ミャンマー・タイムズ(電子版)が17日伝えた。

新破産法は、中小企業(SME)の破産に伴う償還請求や、国際展開する企業の破産処理など、425項で構成される。◇法制度と商慣習の整合◇効率的な破産処理◇破産手続きの明確化と公平性の確保◇破産処理を受ける中小企業への支援◇海外進出先の破産を扱う枠組みの設置――など、9項目を目標に掲げ、破産管理の専門家と、その専門家を監督する役職を設置することなども定めた。

世界銀行が毎年発表する「ビジネス環境ランキング」の2020年版で、ミャンマーのランキングは190カ国・地域中、前年の171位から165位に上昇した。ただし、「破産処理」の項目については、さらなる改善が必要と評価されていた。 

ミャンマーではこれまで、破産処理に関して『1909年ヤンゴン破産法』と『20年ミャンマー破産法』が適用されていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染、1人目の治癒者=9日午前(16:40)

水産品輸出がほぼ停止、加工工場が窮地(13:28)

中国国境での輸出がまた減少 3月末は2割減、タイ国境は活況(04/09)

コロナ感染で死者3人に増加=8日午後(04/09)

〔寄り道〕桜は当地でも憧れの花。アパート…(04/09)

大型投資フォーラム中止、誘致額4割減も(04/09)

通信塔建設など10件認可(04/09)

10~3月の製造品輸出、9.7%増の51億ドル(04/09)

天然ガス輸出額、19年度上半期は18億米ドル(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン