• 印刷する

清水建設JVが契約調印、MRT第2期工事

清水建設の奥村隆インドネシア駐在事務所所長(右から2人目)と、MRTジャカルタのシルフィア取締役(同3人目)=17日、ジャカルタ(NNA撮影)

清水建設の奥村隆インドネシア駐在事務所所長(右から2人目)と、MRTジャカルタのシルフィア取締役(同3人目)=17日、ジャカルタ(NNA撮影)

インドネシアの首都ジャカルタを南北に走る都市高速鉄道(MRT)を運営するMRTジャカルタは17日、第2期工事の最初の工区について、清水建設とインドネシアの国営建設アディ・カルヤの共同事業体(JV)と契約を締結した。MRTジャカルタによると、契約額は4兆5,426億7,800万ルピア(約365億円)。

契約したのは第2期工事(フェーズ2A)で計画される、六つのパッケージのうち、「CP201」の工区。第1期工区の始発駅ブンダラン・ホテルインドネシア(HI)駅からハルモニ駅までの2.8キロメートルに、上下線のトンネルと2駅を施工する。工期は3月から58カ月間。2024年12月の完工を目指す。

MRTジャカルタのシルフィア取締役によると、CP201工区とCP200(MRT用変電所)以外の四つのパッケージについては現在入札中で、9月までに落札企業との契約締結を目指す。

フェーズ2Aの終着駅となるコタ駅からさらに延伸するフェーズ2B(5.8キロメートル)では、マンガドゥア駅、アンチョール駅、アンチョールバラット駅の3駅を建設する。22年半ばに着工、27年の運転開始を見込んでいる。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタから日本に向…(04/06)

スズキといすゞも工場停止 需要減や感染懸念、新型コロナで(04/06)

2月の生産台数は9%増、2カ月連続で増加(04/06)

外出時は必ずマスク着用を、政府が呼び掛け(04/06)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/06)

大規模社会的制限の指針、保健相令を公布(04/06)

2020年の成長率予測は3%、ムーディーズ(04/06)

政府、コロナ禍で医療廃棄物処理の対策急ぐ(04/06)

丸紅がデジタル母子健康手帳サービス開始(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン