• 印刷する

テイクオフ:インドの主要都市では現…

インドの主要都市では現在、都市高速鉄道(メトロ)が運行している。開発の進捗(しんちょく)状況は都市によって違いがある。ただ、交通インフラが十分に発達していないインドの都市において、メトロに大きな需要があることは間違いないはずだ。それにも関わらず、一部のメトロ事業では、利用者不足で苦しんでいるようだ。

北部グルガオンで「ラピッド・メトロ」を運営する事業者は、利用者の不足により大きな財政危機に直面している。列車が満員となるのは通勤時間帯のみで、残りの時間帯ではほとんどガラガラだという。事実、同事業者の2017/18年度の決算は、収益の60%が広告によるもので、運賃収入は39%に過ぎないことを示している。

また、北部ノイダのメトロ事業者は今月、追加収入を確保するため、車両をイベント会場として貸し出す取り組みを発表している。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(04/07)

8割の日系事業に支障 全土封鎖、資金繰りに厳しさ(04/07)

封鎖解除後の経済活動、まずは製造業が焦点(04/07)

新型コロナ救済策、識者は給付増額など要求(04/07)

3月の失業率は8.74%、前月から悪化(04/07)

JICA、低所得者・零細企業向け融資支援(04/07)

世銀が10億ドルを緊急融資、新型コロナ対策(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン