財務省が自動車炭素税を検討、業界は反発

インドネシア財務省税関局が、自動車の所有者から二酸化炭素(CO2)排出量に応じて、物品税として「炭素税」を徴収することを検討している。車両取得段階で課税する案と、車両を保有する期間中は、毎年課税する案の2案を検討している。自動車産業は反発している。14日付ビスニ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタから日本に向…(04/06)

スズキといすゞも工場停止 需要減や感染懸念、新型コロナで(04/06)

2月の生産台数は9%増、2カ月連続で増加(04/06)

外出時は必ずマスク着用を、政府が呼び掛け(04/06)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/06)

大規模社会的制限の指針、保健相令を公布(04/06)

2020年の成長率予測は3%、ムーディーズ(04/06)

政府、コロナ禍で医療廃棄物処理の対策急ぐ(04/06)

丸紅がデジタル母子健康手帳サービス開始(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン