【グラフでみるASEAN】輸出額(12月) フィリピンが21%増と伸び率最大

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2019年12月の輸出額は主要6カ国中、タイを除く5カ国で前年同月を上回った。フィリピンが21%増と最も高い伸び率を示した。米ドル換算の輸出額が最大となったのはベトナムで225億6,100万米ドル(約2兆5,168億円)だった。マレーシアがタイを抑…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナで4人目の死者、インドネシア人(11:42)

テイクオフ:10年以上前にシンガポ…(04/02)

共用オフィス、利用者が増加 新型コロナ下のテレワーク推奨で(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

企業救済に新法案、契約不履行に公的猶予(04/02)

医療従事者も感染、計1000人(1日)(04/02)

東部スーパーで感染者、3日間閉店(04/02)

個人消費に陰り、2月の個人向け融資減少(04/02)

19年の駐在員家賃1%増、5年ぶり前年超え(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン