【グラフでみるASEAN】輸出額(12月) フィリピンが21%増と伸び率最大

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2019年12月の輸出額は主要6カ国中、タイを除く5カ国で前年同月を上回った。フィリピンが21%増と最も高い伸び率を示した。米ドル換算の輸出額が最大となったのはベトナムで225億6,100万米ドル(約2兆5,168億円)だった。マレーシアがタイを抑…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

三菱UFJ銀、新興企業向け融資で新会社(19:26)

OCBC銀行、1~6月期決算は42%減益(14:55)

金融機関の配当金引き下げ、当局が要請(14:55)

興行ゲンティン、4~6月は過去最大の赤字(14:56)

不動産キャピタランド、1~6月は89%減益(14:56)

国民の雇用維持、事業連盟が企業に要請(14:56)

フードデリバリー運営社、コロナ禍で廃業(14:56)

共用オフィスのジャストコー、2カ所開業へ(19:39)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン