• 印刷する

外国人2人と雇用主を処分、事前承認違反で

シンガポールの人材開発省(MOM)は13日夕方、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染対策として義務付けている、入国前の事前承認を得ずに入国した外国人2人の労働ビザを無効にし、本国に送還する処分を下したと発表した。雇用主からは、労働ビザを申請する権利を1年間剥奪(はくだつ)した。

MOMは9日午前零時から、過去14日以内に中国への渡航歴がある外国人就労者が入国する際に、雇用主による事前承認手続きを求めている。当該外国人の雇用主からは11日に事前承認の申請を受理したが、状況から判断して入国を認めないことにした。

外国人の到着予定時刻の12時間以上前に雇用主に申請を却下したことを通知したにもかかわらず入国したため、労働ビザを無効にし、シンガポールでの再就労が永久にできない処分を下した。雇用主には従業員を24時間以内に本国に送還するよう命じ、向こう1年間は労働ビザが申請できないことを伝えた。

MOMは企業に対し、新たな規制に該当する外国人が入国前に事前承認を得るよう呼び掛けている。入国後も14日間の経過観察期間を設け、職場で勤務させないよう要請。違反者には厳罰を下す方針をあらためて示した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

持続可能金融での調達3倍へ 地場不動産大手、向こう10年で(10/02)

セブン銀行、DBS銀行と海外送金で提携(10/02)

金融庁、ワイヤーカード現法に業務停止命令(10/02)

石川県がアンテナショップ、EC販売も(10/02)

1人当たり純金融資産は世界35位、19年調査(10/02)

コロナ暫定措置法改正、家賃免除など支援強化(10/02)

就職先でのキャリア形成に期待、転職者の4割(10/02)

入国規制、オーストラリア・ベトナムも解除(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン