• 印刷する

外国人2人と雇用主を処分、事前承認違反で

シンガポールの人材開発省(MOM)は13日夕方、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染対策として義務付けている、入国前の事前承認を得ずに入国した外国人2人の労働ビザを無効にし、本国に送還する処分を下したと発表した。雇用主からは、労働ビザを申請する権利を1年間剥奪(はくだつ)した。

MOMは9日午前零時から、過去14日以内に中国への渡航歴がある外国人就労者が入国する際に、雇用主による事前承認手続きを求めている。当該外国人の雇用主からは11日に事前承認の申請を受理したが、状況から判断して入国を認めないことにした。

外国人の到着予定時刻の12時間以上前に雇用主に申請を却下したことを通知したにもかかわらず入国したため、労働ビザを無効にし、シンガポールでの再就労が永久にできない処分を下した。雇用主には従業員を24時間以内に本国に送還するよう命じ、向こう1年間は労働ビザが申請できないことを伝えた。

MOMは企業に対し、新たな規制に該当する外国人が入国前に事前承認を得るよう呼び掛けている。入国後も14日間の経過観察期間を設け、職場で勤務させないよう要請。違反者には厳罰を下す方針をあらためて示した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

新型肺炎対策で40億Sドル 産業界向け、SARSの17倍(02/19)

20年度の予算案、新型肺炎で赤字2倍に(02/19)

累計81人、新たに4人(18日正午)(02/19)

金融最大手DBS、感染2人目(02/19)

金融最大手DBS、新型肺炎の保険を無償提供(02/19)

シンガポール航空、新型肺炎で40都市を減便(02/19)

配車グラブと欧州社、空飛ぶタクシーで提携(02/19)

貿聯国際、星コネクター企業を買収(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン