経済活動の擁護を指示、国務院常務会議

中国の李克強首相が主宰する国務院(中央政府)常務会議は11日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)への対応と並行し、経済と社会の正常な運営を擁護するよう関係各部門に指示した。湖北省以外の感染人数が少ない都市では、企業活動を再開させていくよう求めた。 休業…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

累計89人、新たに3人(22日、23日)(21:26)

完全外出禁止は77人(19日正午)(21:26)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(19:35)

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(17:18)

各企業の防疫体制、国務院がガイドライン(19:21)

肺炎に関する労使問題、人保省が公式Q&A(17:51)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(21:50)

新型肺炎の死者2442人、感染者7万6936人(19:58)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン