• 印刷する

《安全》金融最大手で感染確認、300人退避

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングスは12日、従業員1人が新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)に感染したと発表した。地元メディアによると、感染者と同じ事務所に勤務する従業員300人が退避した。

金融機関が多く入居する中心部のオフィスビル「マリーナベイ・フィナンシャルセンター(MBFC)タワー3」で勤務する従業員に、COVID19の発症が確認された。11日に検査を実施し、12日朝に保健省から結果を知らされた。

DBSは12日正午までに、感染者が勤務していたフロアの全従業員の退避を完了し、在宅勤務に切り替えた。また感染者と接触があった他部署に勤める従業員などの割り出しを急いでいる。

感染者が確認されたフロアについて、DBSの広報担当者は「回答できない」とコメントを差し控えた。ただ地元紙やテレビ局は、MBFCタワー3の43階から全員が退避したと報道している。

DBSの声明によると、感染者が勤務していたフロア、エレベーターなどの共有スペースでは、保健省のガイドラインに従い重点清掃を実施している。

同社は今後のCOVID19対策として、全てのオフィスビルでの体温検査、清掃と消毒頻度の引き上げ、オフィスの全フロアに手指消毒液の設置、外部からの訪問者に対する健康と渡航歴の確認、窓口業務の従業員へのマスクの配布を行う。

来週から順次、全従業員を対象にマスク、体温計、手指消毒液、ビタミンCのセットを配布する計画も公表した。医療従事者による最新情報のウェビナー(オンラインのセミナー)も提供する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

累計89人、新たに3人(22日、23日)(21:26)

完全外出禁止は77人(19日正午)(21:26)

通信スターハブの通期決算、4期連続の減益(21:26)

複合セムコープ、10~12月期は赤字転落(21:26)

OCBC銀の通期決算、3期連続最高益(21:28)

UOB銀の通期決算、8%増益で過去最高益(21:29)

シンガポールドル急落、2年9カ月ぶり安値(21:26)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン