• 印刷する

肺炎検査キット入手へ、国内で判定が可能に

ミャンマー政府は20日にも、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染を確認できる医療検査キットを確保する見通しだ。ミン・トゥエ保健・スポーツ相が連邦議会で述べた。電子メディアのイラワジが11日伝えた。

同保健・スポーツ相によると、タイや日本、米国から合計350セットの検査キットの寄贈を受ける。現在は、感染が疑われる病人の検体をタイにある世界保健機関(WHO)の研究施設に送っているが、検査キットが入手できれば、国内で判定ができるようになる。

政府はまた、COVID19の感染拡大予防のため、新たに3億チャット(約2,270万円)を充当する。

ミャンマーでは、これまでCOVID19の感染者は見つかっていない。最大都市ヤンゴン、首都ネピドー、第2の都市マンダレーを含む国内17カ所の病院で、感染が疑われる28人が見つかり、検査が行われているという。


関連国・地域: タイミャンマー日本米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

19年インフレ率は8.8% 電力値上げで2ポイント加速(02/19)

破産法が成立、手続き明確化で事業環境改善(02/19)

縫製業の振興政策を立案、独GIZが支援(02/19)

国営3行の不良債権、200億円相当に(02/19)

政府、ラカイン特区建設で移転補償を確約(02/19)

ヤンゴン議会、財政管理改善の法案提出へ(02/19)

マンダレー・インパールの観光ツアー開始へ(02/19)

バングラ、ロヒンギャ難民の移転計画を再考(02/19)

ラカイン代表、国軍総司令官と首都で会談(02/19)

殺害容疑のミャンマー実習生、三重で捕まる(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン