• 印刷する

肺炎検査キット入手へ、国内で判定が可能に

ミャンマー政府は20日にも、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染を確認できる医療検査キットを確保する見通しだ。ミン・トゥエ保健・スポーツ相が連邦議会で述べた。電子メディアのイラワジが11日伝えた。

同保健・スポーツ相によると、タイや日本、米国から合計350セットの検査キットの寄贈を受ける。現在は、感染が疑われる病人の検体をタイにある世界保健機関(WHO)の研究施設に送っているが、検査キットが入手できれば、国内で判定ができるようになる。

政府はまた、COVID19の感染拡大予防のため、新たに3億チャット(約2,270万円)を充当する。

ミャンマーでは、これまでCOVID19の感染者は見つかっていない。最大都市ヤンゴン、首都ネピドー、第2の都市マンダレーを含む国内17カ所の病院で、感染が疑われる28人が見つかり、検査が行われているという。


関連国・地域: タイミャンマー日本米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たに2人感染確認、累計359人に=7日朝(13:20)

チャット高が再び進行 対ドル1350台に、輸出に悪影響も(08/07)

非公開所得の税率引き上げ反対、議会が対案(08/07)

第2波到来への懸念高まる、規制緩和で(08/07)

新たに1人感染確認、累計357人に=6日朝(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

ヤンゴンバス電子決済、新たに600台で導入(08/07)

軍系野党党首、ネピドーで下院選に立候補(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン