• 印刷する

二輪ホンダ、BS6対応の「ディオ」発売

インドの二輪車大手ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は10日、4月に導入される新たな排ガス規制「バーラト・ステージ6(BS6)」に対応したスクーター「ディオ」を発売した。同日から全国の販売店で予約を受け付け、来週から流通を開始する。デリーでの店頭価格は5万9,990ルピー(約9万2,400円)から。

車体には20件の特許を含む新技術を採用。排気量は110ccで、PGM―FI(電子制御燃料噴射装置)やスムーズな発進を促すACGスターターを採用した次世代小型スクーター用エンジン「eSP」を搭載した。

2002年にインド市場に投入したディオは発売から18年を迎えた。販売台数は累計330万台を超えている。ホンダによると、インドで最も売れ筋のスクーターに含まれ、輸出台数では首位という。

ディオはホンダの二輪車で4車種目のBS6適合車。昨年9月にスクーター「アクティバ125」、11月にモーターサイクル「SP125」、今年1月に「アクティバ6G」のBS6対応モデルを発売している。

BS6に対応した「ディオ」(HMSI提供)

BS6に対応した「ディオ」(HMSI提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

3月の乗用車販売、各社マイナス4割超(04/03)

3月商用車販売、主要6社が7割以上の減少(04/03)

二輪ヒーロー、値引きでBS4車の在庫整理(04/03)

車メーカーがネット販売に注力、コロナ影響(04/03)

モバイルクリエイト、印同業の株式取得(04/03)

インパクト、デリーなどでコンビニ営業再開(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン