• 印刷する

テイクオフ:東京五輪で金メダルの期…

東京五輪で金メダルの期待が高いバドミントンの桃田賢斗選手が先月、マレーシア遠征中に交通事故に巻き込まれた。いったんは練習を再開したが、その後、「眼か底骨折」で全治3カ月と診断された。五輪開幕まで半年足らずのこの時期に、視力に影響するけがはあまりに痛い。

けがの原因となった事故は、ローカルドライバーの居眠りと考えられている。海外で日常的に自動車を利用する身としては決して他人ごとではない。路面状態がよくない道路や視界が悪い状態でも果敢に速度を出すドライバーもいて、後部座席でひやひやさせられることがある。

その点、タイのドライバーは総じて他の車に道を譲ったり、高速道路の発券係員に丁寧にあいさつしたりと運転マナーは良い気がする。それでも油断は禁物。シートベルト着用など最低限の自衛策は忘れてはならないと改めて肝に命じた。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

転換期を迎える訪日旅行市場 官民で需要喚起、コロナ後見据え(08/07)

首相が内閣改造を実施、6ポスト入れ替え(08/07)

CPTPPの加盟申請、今年は断念=商務省(08/07)

7月のCPI0.98%低下、下落率は縮小(08/07)

経済3団体、GDP見通しを再び下方修正(08/07)

独MANがタイ参入、トラック3モデル発表(08/07)

JBIC、車部品エヌティー精密向けに融資(08/07)

車シートのインター、下期の受注拡大を予測(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン