• 印刷する

豪の軽鉄道、請負業者が設計ならコスト減

オーストラリアの軽鉄道(ライトレール)プロジェクトは、政府が請負業者に設計やエンジニアリングの方法を任せればもっと低コストで実現する――。ニューサウスウェールズ(NSW)州シドニーの軽鉄道建設を担当したスペインの建設大手アクシオナ(Acciona)が指摘している。また大型プロジェクトについては、特定の作業を小規模の請負業者に分割して割り当てるべきだと主張した。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

中央商業地区(CBD)サーキュラーキーとランドウィックを結ぶ軽鉄道は、NSW州政府と同社の間で契約内容をめぐる紛争が泥沼化した上、設計の欠陥により走行速度が遅いと批判されている。最終的なコストは、2014年時点の予測16億豪ドル(約1,179億円)から倍増した。

アクシオナの地場建設部門を率いるヌーナン氏は「請負業者は建設に集中し、地域社会の調停活動は政府が担当するべき」と主張。「われわれがプロジェクトに早い段階からかかわることができれば、より効率的にソリューションを打ち立てることが可能となるだろう」とした。

アクシオナは現在、クイーンズランド州ブリスベンのバスによる高速輸送システムや、ビクトリア州のノース・イースト・リンク自動車道路の建設に応札しており、自社の設計とエンジニアリング技術をプロジェクトに適用したいと考えているようだ。


関連国・地域: オーストラリア欧州
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア株式市場…(03/30)

賃料減免と引き換えに税控除 豪政府計画、中小企負担を軽減(03/30)

小売業界が続々閉鎖、賃料支払い拒否も(03/30)

「外で会うのは1人まで」、首相が規制強化(03/30)

豪政府、メンタルヘルス対策に11億$拠出(03/30)

SA州、コロナで景気刺激策に6.5億ドル追加(03/30)

保険TAL、コロナを生命保険給付の対象に(03/30)

豪でデフレスパイラルも、インフレ率低下で(03/30)

買いだめ、輸送パレットと物流企には恩恵(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン