• 印刷する

不動産と小売で賃上げ率大、全体は低水準

オーストラリアの2020年の賃上げ率が、不動産、小売り、金融部門で最も大きくなる可能性がありそうだ。10%以上の賃上げを計画しているとした雇用者の割合が最も高いという。一方で、今年3%以上給与を引き上げる計画だとした雇用者は37%にとどまり、賃金上昇率が低水準であることが「新しい常識」となりつつあるようだ。地元各紙が伝えた。

人材サービス世界大手アデコグループは、3,000人の雇用者を対象に調査を実施。建設、貿易部門でも、10%以上の賃上げを予定しているとした割合が高くなった。3%以上の賃上げをするとした産業トップ3は、ヘルスケア、ビジネスサービス、不動産となったが、ヘルスケアとビジネスサービスの雇用者においては、7%以上の引き上げをすると回答した人の割合はゼロだった。

一方、賃上げを行うとした雇用者の割合は全体で77%となり、昨年の94%から大きく落ち込んだ。労働者についても、3%以上の賃上げを見込むとした人の割合は50%と低水準にとどまっている。

アデコのオーストラリア部門のモヤノ最高経営責任者(CEO)は、前年と比較し健全な水準での賃上げは久しく行われていないと指摘。「多くの労働者が、技術や経験に見合った昇給を自ら積極的に要求する必要があると感じ始めている」と話した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品金融建設・不動産小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ビクトリア州でマスクの…(08/13)

NZが再び緊迫、感染源は貨物か 豪NZの渡航緩和は年内困難?(08/13)

入国規制の緩和政策、国から地域に対象限定(08/13)

シドニー空港の上期、5千万$超赤字(08/13)

VIC州封鎖の緩和、1日20人未満が条件(08/13)

NSW首相「マスク着用義務化も視野に」(08/13)

豪2Q賃金、1.8%と過去最低の上昇率(08/13)

豪消費者マインドまた下落、4月の水準に後退(08/13)

豪カード支出が二極化、VIC州以外で増加(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン