• 印刷する

トヨタの高級車レクサス、国内生産開始

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」のインドでの展開を担うレクサス・インディアは1月31日、国内生産に着手したと発表した。

発表は、新モデルの投入を含めた事業の進捗(しんちょく)状況の報告の一部。ただ、レクサスは「部品の分野での現地生産」としており、詳細は不明だ。民放NDTVによると、南部ベンガルール(バンガロール)の施設で現地組立を開始するもようだ。発表によると、最初に生産されるモデルは中型セダン「ES300h」で、2月から入手可能になるという。

レクサスはまた、クーペ「LC500h」と「ES300h エクスクイジット」、小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「NX300h エクスクイジット」の3モデルを市場投入すると発表した。価格は519万~1,960万ルピー(約786万~2,970万円)。北部の連邦直轄地チャンディガルと南部チェンナイなど計4都市でのショールームの新設も併せて発表された。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、新工場の土地取得 印事業40周年、州政府が式典主催(05/20)

トウモロコシ高値で推移、国際需要高まりで(05/20)

マヒンドラ、VWからのEV部品提供で提携(05/20)

ステランティス、23年にEV発売へ(05/20)

TVS、電動スクーターの新モデル発売(05/20)

ベダンタ半導体事業、工場の設置協議が難航(05/20)

政府が発電会社に石炭輸入指示、供給削減も(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン