• 印刷する

貿産省、Tユニオンと企業情報共有で合意

フィリピン貿易産業省(DTI)は29日、国内最大の信用情報照会機関トランスユニオン・フィリピンとデータ共有協定を締結したと発表した。2018、19両年の自治体競争力指数(CMCI)調査に参加した地方自治体が事業許可証を交付した企業のリストを、DTIからトランスユニオン側に提供する。

協定締結は競争力向上を目指す継続的な取り組みの一環。ロペス貿産相は記者会見で、中小零細企業がマイクロファイナンス(小口金融)を利用しやすくするための措置だと説明した。共有するのは、DTIに届け出がなされた「公に手に入るデータ」のみとなる。トランスユニオンは情報提供者の同意なく、データを収集・加工することはできない。

トランスユニオンのデータベースには、フィリピンの成人人口の13.5%に相当する847万人の個人データが登録されている。協定によって「確実な照会データベース」を構築し、個人だけでなく企業の信用情報をやりとりできるようになる。銀行や金融機関は手元の個人データと照合する形でデータベースを利用する。

世界銀行によると、世界の事業環境ランキングの最新版でフィリピンは95位に順位を上げたが、信用データの取得状況が課題とされた。ロペス貿産相は、今回の協定はその改善策に当たるとした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスのワ…(10/27)

商工省、制裁回避へ対応強化 輸出回復、紛争の増加に備え(10/27)

接種拡大に非協力な職員クビ 大統領、普及遅れいら立ち(10/27)

新型コロナ、新たに4393人感染(10/27)

モーリシャス由来の変異株、比で初めて確認(10/27)

運輸省、公共交通の乗車制限撤廃を提案(10/27)

韓国とフィリピン、FTA交渉が妥結(10/27)

首都圏の外出制限緩和、経済効果は142億ペソ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン