輸入タマネギ7千トン、西部港に1カ月滞留

インド西部マハラシュトラ州のジャワハルラル・ネルー港で、約7,000トンの輸入タマネギが約1カ月にわたってコンテナ・フレート・ステーション(CFS)に放置されている。陸揚費が市価を上回っていることが要因。ビジネス・ライン(電子版)が27日に伝えた。 インドでは昨年後半…

関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

テイクオフ:インドの街角にはさまざ…(02/25)

新型肺炎の先行きに不安 出張中止、車業界は調達に懸念(02/25)

現代自、EV現地生産を加速で提携先を模索(02/25)

独VW、SUV「Tロック」を来月発売(02/25)

新型肺炎、非鉄金属価格を下押し(02/25)

家電ハイアール、IoT含む83製品を発表(02/25)

スマホのリアルミー、スマートテレビ発売へ(02/25)

中断の住宅事業18件、ステイト銀傘下が出資(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン