ラオス航空、熊本への就航を再延期

【共同】熊本県は24日、ラオス航空が熊本空港への定期便の新規就航を、予定していた今年3月から延期すると明らかにした。延期は2回目となり、延期後の就航日は未定。首都ビエンチャン、観光地ルアンプラバンとそれぞれ結ぶ路線を設け、ともに週2往復の予定だった。 県によると…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 運輸観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

翔栄クリエイト、太陽光発電所の建設請負(04/12)

1~2月の国境貿易4%増、ミャンマー低調(04/12)

地場企業、南部県の太陽光発電で政府と覚書(04/09)

ワクチン接種、公務員などに対象拡大(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン