• 印刷する

縫製労働者約100人失神、劣悪な労働環境で

カンボジア南部タケオ州の縫製工場で、21~22日にかけて労働者約100人が失神した。換気設備の整備不良など、劣悪な労働環境が原因とみられる。クメール・タイムズ(電子版)が23日伝えた。

労働者の失神が相次いだのは、タケオ州バティ郡のウォナミー・カンボジア・ガーメントの工場。同州のモン・ウィチット副知事によると、労働者は酸素の欠乏によって失神し、既に回復した者もいれば、まだ治療中の者もいるという。同社は27日まで工場の運営を停止する。

州労働局の責任者によると、工場の立ち入り検査では、換気設備が汚れたまま放置されていたことが分かり、これが酸欠を引き起こした原因とみられている。同局は企業に設備の掃除を指示し、労働環境の改善を促したという。

カンボジアでは劣悪な労働環境による、工場労働者の失神が問題となっている。国家社会保障基金(NSSF)によると、2019年に失神者が出た工場は、前年から6軒少ない11軒。失神者の数は831人で、822人が女性だった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 繊維雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ポーサットの太陽光発電、試験運用開始(09/24)

中国系企業、南部の鉄鋼加工工場を年内稼働(09/24)

1~7月の対米輸出額、24%増の34億ドル(09/24)

太陽光発電、21年に372MW拡大=電力公社(09/23)

4~6月は5割減、消費者の借入申請数(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

アンコール航空、首都―中国鄭州市便を開設(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン