• 印刷する

三菱自、ピックアップ部門で唯一プラス成長

MMMの販売をけん引するトライトン(同社提供)

MMMの販売をけん引するトライトン(同社提供)

三菱自動車の正規販売会社、マレーシア三菱自動車(MMM)は23日、主力車種であるピックアップトラック「トライトン」の2019年の販売台数が前年比2.4%増の5,792台だったと発表した。同社によると、マレーシアのピックアップトラック市場は昨年、マイナス成長に沈んだが、トライトンは唯一プラス成長だった。

マレーシア自動車協会(MAA)によると、19年のピックアップトラックの販売台数は前年比21.0%減の3万5,121台。同セグメントではMMMがシェア16.5%を占め、トヨタ自動車に次ぐ2位だった。

MMMの19年の販売台数は8,140台。同年1月に新型を投入したトライトンが全体の71.2%を占めた。同社はマレーシア国内でトライトンのほか、スポーツタイプ多目的車(SUV)「アウトランダー」「ASX」を販売している。

同社のテ・ホッフェン副社長(戦略立案・事業調整担当)はNNAに対し、「19年度(19年4月~20年3月)の販売台数を1万台と見込んでおり、20年度は前年度比20%増の1万2,000台を目指す」と語った。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

特別国会で新首相決定へ 来月2日、国王の議員面談実らず(02/28)

政府が景気刺激策発表、200億リンギ規模(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

<資料>マレーシア政府の2020年景気刺激策(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

RM1=26.2円、$1=4.21RM(27日)(02/28)

不二製油、業務用チョコ会社を完全子会社化(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

豪ライナス、3年間の操業延長認可を取得(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン