ベトナムで石炭輸入急増、環境負荷に懸念

【ハノイ共同】経済発展が続くベトナムで電力需要の伸びに伴い石炭の輸入が増えている。環境への負荷が大きい石炭火力発電所への依存には批判が多いが、有力な代替策はすぐには見つからないのが現状だ。日本も発電所建設に関わり、環境保護団体は厳しい視線を向けている。 ベトナ…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クラスター拡大、封鎖前の準備必要(02/25)

1月の輸出受注が過去最高 前年比49%増、閑散期も伸び続く(02/25)

スズキの鈴木修会長退任へ、世界的メーカーに(02/25)

第一生命がネット販売へ 中間所得層の妊産婦に照準(02/25)

三菱ケミ、アクリル樹脂原料の本社機能集約(02/25)

トヨタ全工場が正常化、地震影響の部品供給めど(02/25)

マルチ・スズキ、スイフトの新型発売(02/25)

クアンナム省、日本支援の橋が開通できず(02/25)

ANA、シドニー週5便を7月1日まで延長(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン