肺炎でマスク需要急増、メーカーは続々増産

中国では湖北省武漢市を中心に新型のコロナウイルスによる肺炎の感染が急拡大していることに伴い、予防ツールとなるマスクの需要が急激に膨らみ、品不足も起き始めた。マスクメーカーは需要急増に対応するため、相次いで増産に踏み切っている。ネットメディアの澎湃新聞が22日伝え…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(02/22)

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(02/21)

新型肺炎の死者2236人、感染者7万5465人(02/21)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

累計89人、新たに3人(22日正午)(02/22)

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン