• 印刷する

大統領、ロヒンギャ迫害関与者を訴追の方針

ミャンマーのウィン・ミン大統領は21日に発表した声明で、西部ラカイン州のイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題について、同国政府が設置した独立調査委員会(ICOE)が提出した最終報告書を受け、人権侵害を含む重大犯罪に関与した人物を訴追する方針を示した。

ウィン・ミン大統領はICOEの報告書を司法長官に提出。2017年8月に発生したロヒンギャの武装集団「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)と治安部隊との衝突の際に、民間人が犯した器物破損や略奪などについて捜査し、関与した人物を訴追する方針を示した。

大統領は同報告書を国軍総司令官室にも送付した。治安部隊による犯罪についても捜査、訴追するとしている。

ICOEは最終報告書で、17年8月25日から9月5日にかけて、治安部隊やARSA、民間人による「戦争犯罪」はあったと指摘。掃討行為にジェノサイド(民族大量虐殺)の意図はなかったとする一方で、民間人の殺害、過度な武力行使、略奪、民家の破壊を含む戦争犯罪行為はあったと結論付けた。900人を超えるロヒンギャが掃討行為により殺害されたと記載している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国会が憲法改正案の審議入り、3月5日まで(16:03)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(15:32)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

ティラワ接続道の拡幅が完工、往来円滑に(02/25)

MAI、8月の増便に向け航空機2機リース(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

国際標準GS1バーコード、正式導入(02/25)

資金洗浄対策が不十分、リスト国に再指定(02/25)

プルデンシャル、地場ジム予約アプリと提携(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン