中国投資誘致に重点、今年は50億リンギ目標

マレーシアの首都圏クランバレーへの海外企業誘致を推進する政府機関インベストKLは20日、中国からの投資を一括して取り扱う「中国特別チャンネル(CSC)」を開設した。CSCを通じ、同国から今年、50億リンギ(約1,350億円)の投資誘致を目指す。21日付スターなどが伝えた。…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:義母が「庭の広い一戸建…(10/01)

融資の返済猶予措置が終了 中間層の可処分所得減に消費影響(10/01)

RM1=25.4円、$1=4.16RM(9月30日)(10/01)

日本の国際免許、期限切れでも制限令中有効(10/01)

全日空11月のKL線、運航本数は変わらず(10/01)

エアアジアが日本事業継続断念へ、経営悪化(10/01)

建設イレカ、ジョ州で新交通の試験走行計画(10/01)

繁栄の共有政策、首相主宰の監視機関を設立(10/01)

8月生産者物価、6カ月連続で低下(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン