縫製業者協会、賃金改定へ独自調査を実施

ミャンマー縫製業者協会(MGMA)は、今年の法定最低賃金改定に向け、独自の調査を実施する方針を明らかにした。ミャンマー・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 MGMAのカイン・カイン・ヌウェ事務局長は「いくつかの労働者団体が提案している通り、最低賃金を現在の日額4,…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 繊維雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

感染27人に、治癒者は2人目=10日午前(15:56)

EU、コロナ禍で縫製労働者に5億円の援助(16:32)

2月物価にコロナ禍の影 2カ月連続で前月割れ(04/10)

コロナ感染、1人目の治癒者=9日午前(04/10)

6縫製工場の労働者、抗議行動を中止(04/10)

ザガインとカヤー、外出規制を1日で撤回(04/10)

水産品輸出がほぼ停止、加工工場が窮地(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン