タール火山の噴火、避難15万人に

フィリピンの首都マニラ南方にあるタール火山(標高311メートル)の噴火の影響で、避難住民の数が増え続けている。21日時点で約15万人に上り、避難所の数も約500カ所に増加している。 火山から半径14キロメートル圏内の避難勧告は維持され、火山周辺のバタンガス州とカビテ州も「…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まだ学生のころ、マルコ…(09/22)

マニラ南北鉄道、開通へ前進 メガワイド連合、第2期を受注(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

コロナ感染新たに3475人、計29万190人(09/22)

大統領、国連総会で初演説へ(09/22)

ナウ子会社、第4の通信会社に(09/22)

中小向け融資1千億ペソ超え、中銀(09/22)

中銀の流動性支援、1.4兆ペソ規模に(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン