• 印刷する

テイクオフ:「大騒ぎだよ。台湾は大…

「大騒ぎだよ。台湾は大丈夫?」。中国人観光客の多い大阪・心斎橋で接客業をしている友人に近況を訪ねると、不安げな返信が届いた。中国湖北省武漢市で発生した新型肺炎で、先ごろ日本初の感染者が確認されたことを受け、職場の話題はそれで持ち切りだという。

台湾でも武漢を訪れた2人に感染疑いが出た。ただ中国政府が訪台ビザ発給を停止しているため、春節(旧正月)に大量の中国人が訪れることはなく、あまり焦りは感じられない。訪台規制では観光業の多くが打撃を受けているが、今回は「台湾にいて良かった」と思ってしまったのが本音だ。

中国が台湾への旅行政策に変更を加えるのは、蔡政権の2期目が始まる5月20日以降とみられている。蔡氏の再選後、中台関係は緊張度が高まっている。旅行政策の緩和と新型肺炎の収束はいつになるだろうか。先行きは見えない。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(17:18)

新型肺炎、感染者28人に(18:09)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

鴻海の1Q売上高が45%減も、肺炎響く(02/21)

遠伝の資本的支出、今年は16年以降最多に(02/21)

亜太、2Qにも越境モバイル決済サービス(02/21)

台湾企業のシール型体温計に注目、肺炎で(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン