• 印刷する

テイクオフ:当地は子だくさん家庭が…

当地は子だくさん家庭が多く、子どもに寛容で子育てに協力的といわれる。子どもがにぎやかにしていてもたいてい大目に見てくれるし、飲食店に子どもを連れて行くと店の人が積極的に子守を買って出てくれることも。わが家もなじみの店に子連れで行くと、うちわを持った店員が代わる代わるあおいでくれて、まるで王子様のようだ。

「マレーシア人は子ども好きだから」とほほ笑ましく見守りたくなる光景だが、夫はマレーシア人ながら他人に子どもを触られるのがイヤと言う。先日など、なじみの店の店員にさんざんかわいがられた子どもを、帰宅後すぐ風呂に入れていた。インフルエンザなどの感染症が流行している折、飲食店の店員の健康状態を気にしているのかもしれない。

社会の発達や衛生意識の高まりによって、ほほ笑ましい光景もだんだん姿を消していくのだろうか。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務で仕事場と化し…(08/04)

隣国往来、7日隔離で二の足 マレーシア人は費用負担にも不安(08/04)

RM1=25.0円、$1=4.22RM(3日)(08/04)

パナ、マレーシアの太陽電池工場の売却中止(08/04)

地場新興企業に出資、ギフティ(08/04)

7月の製造業PMI、2カ月連続で50以上(08/04)

回復活動制限令で抱える問題、企業と対話(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン