• 印刷する

テイクオフ:当地は子だくさん家庭が…

当地は子だくさん家庭が多く、子どもに寛容で子育てに協力的といわれる。子どもがにぎやかにしていてもたいてい大目に見てくれるし、飲食店に子どもを連れて行くと店の人が積極的に子守を買って出てくれることも。わが家もなじみの店に子連れで行くと、うちわを持った店員が代わる代わるあおいでくれて、まるで王子様のようだ。

「マレーシア人は子ども好きだから」とほほ笑ましく見守りたくなる光景だが、夫はマレーシア人ながら他人に子どもを触られるのがイヤと言う。先日など、なじみの店の店員にさんざんかわいがられた子どもを、帰宅後すぐ風呂に入れていた。インフルエンザなどの感染症が流行している折、飲食店の店員の健康状態を気にしているのかもしれない。

社会の発達や衛生意識の高まりによって、ほほ笑ましい光景もだんだん姿を消していくのだろうか。(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

制限令継続有無きょう発表へ 当局管理下で経済活動再開か(04/10)

観光など支援強化要請、中小2割に倒産危機(04/10)

RM1=25.1円、$1=4.34RM(9日)(04/10)

給与補助金の給付申請、9日に受付開始(04/10)

活動制限令で日系企業9割が在宅勤務を導入(04/10)

製造業の出勤者リスト変更を認めず、貿産省(04/10)

新規感染109人、累計4228人(04/10)

国民車プロトンの3月販売41%減、制限令で(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン