コンビニ店舗数が初の減少、売上高は過去最高

【共同】日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した主要コンビニの2019年末の店舗数は前年末比0.2%減の5万5,620店と微減となった。比較可能な05年以降、前年末からコンビニ店舗数が減少したのは初めて。一方、19年の全店売上高は前年比1.7%増の11兆1,608億円と、14年連続で…

関連国・地域: 日本
関連業種: 医療・医薬品金融小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

イオンクレアジア、中間決算は2割減益(09/30)

CIPと華城電機、台中港に発電機組立工場(09/30)

【4000号特集】経済躍動、日越の蜜月時代に 山田大使「政経の役割大きく」(10/01)

造船業界、受注減で苦境に 世界5位も、120社生き残り競争(10/01)

日産、世界を4地域に再編(10/01)

東芝、テレビ製造拠点の深谷事業所を閉鎖(10/01)

澁澤倉庫、越子会社への出資比率を引き上げ(10/01)

日本の国際免許、期限切れでも制限令中有効(10/01)

パナ、新卒の通年採用導入(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン